2005年10月02日

セロトニンを放出

前回、セロトニンを作る元、トリプトファンを積極的に取ることを説明しました。

今日は、作ったセロトニンを放出させる方法を、いくつかご紹介しようと思います。

セロトニンはほうせん核というところで作られ、放出されますが、ストレスが溜まっていたり、疲れが溜まっていたり、もともとココが弱いと、少量のセロトニンしか放出されません。だから、まずはストレスを解消する事、疲れたらよく休む事が重要です。でも、弱ってしまったり、もともと弱いほうせん核には、刺激を与えると通常より、沢山のセロトニンを放出してくれます。

ほうせん核を刺激する簡単な方法は、首をゆっくり回すことです。首を刺激することによって、首のセンサーから大量の電気信号が発して、ほうせん核を活性化。セロトニンを生成し放出量を増やしてくれます。1時間もしくは気がついたときに数回、ゆっくりまわしてみてください。

その他、ガムをかむ、ウォーキングをするなど一定のリズムを取ることです。ウォーキングを始めると、15分程度でセロトニンが放出されるそうです。ついでに太陽光にあたると、セロトニンが増えるので、1日1時間程度日光浴もよさそうです。日中なかなか外に出れない方は、窓際で太陽の光を感じてください。曇っていても、外に出るだけで十分な光をとることが出来ます。


ブログランキング参加中!良かったらクリックしてくださいね。晴れ
blgランキング.bmp
人気blog.bmp
posted by lax at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7578914

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。